TOP∞書体確認サービスの落とし穴/増画法について∞

開運印鑑【商品一覧】

▼ご注文▼
■開運印鑑 ■極上朱肉

開運印相聖徳印鑑

開運印相聖徳印鑑は
Yahoo!Japanの印鑑カテゴリ登録店舗です。ヤフージャパンの印鑑カテゴリ登録店舗です。

開運印相聖徳印鑑
〒338-0811
埼玉県さいたま市中央区
上落合3-11-9 ソニーリッツ社内
営業時間:9:00-17:00
休日:土日祝、年末年始
●印相や商品に関するご質問は下記からお願い致します。
■お問い合わせ

∞印鑑事前印影サービスはございません∞

    
印影の事前確認・プレビューサービスについて
恐縮ですが、当店では秘伝流出の防止お客様の安全を守るために、印影の書体プレビューサービスは行っておりません

★印相の秘伝を扱っているため、例えお客様であっても画像化した印影の配布は避けています。コピーが出回りますと、そのコピーと個人情報から研究されてしまうことにもなります。また画像コピーを使えば、印鑑の複製も可能になってしまいます。

★世の中サイバー攻撃など、何が起こるか分からないものです。万が一個人情報に加えて実印や銀行印の印影が流出してしまえば、一番困るのはお客様のはずです。個人情報の管理は徹底しており安全ではありますが、さらに印影を画像化しないのが一番の安全対策と言えるのではないでしょうか?それが信用と心得ております。

★印相学により開運印鑑を作成致しますので、お客様のご要望を聞きすぎると開運印鑑でなくなってしまう恐れがございます。「ここはこういしてほしい」などの意見は残念ながら却下することがほとんどです。
印相は、「吉でなければ必ず凶になる」シビアな占いです。全体のバランスが崩れてしまい、大吉から外れてしまう可能性があるからです。開運のための印鑑ですから、どうぞプロにお任せください。

印影をお客様のご要望で調整する店は、印相にまったく通じていないただのはんこ屋です。サービスを履き違えていると申せましょう。ご心配かとは存じますが、安心して信頼して印相師にお任せくださるのがよろしいでしょう。詳しくは、よくある質問Q&A Q14 - ご参考ください -

ひらがなやカタカナでも問題ありません
ひらがなやカタカナ文字名の印影がたとえ殺風景に単純に思えたとしても、彫り名の印影は、大吉に彫ってあるかがもっとも大切であります。
しかし、カタカナ文字またはひらがなのお名前の方は、どのような文字になるのかご不安かと存じます。
カタカナの印鑑どうぞご参考ください
← ※こちらの印鑑はお客様のご入力違いにより、不要となりました法人用銀行印印影です。 
真ん中の文字は「銀行之印」、外枠は「株式会社○○フーズ」です。カタカナでも十分に立派な書体にできます。
増画法について

巷の印鑑屋では、印相への知識が稚拙であるため、接点のみで開運印鑑としておりますが、それだけでは正しい印相による開運印鑑とはなりません。
印相には増画法という秘儀がありますが、一般に行われている増画法は不完全であり、単に画数のみを判断しているに過ぎないので、大した開運効果は発揮できていないのが実情です。

実は八方の箇所をただ太くするやり方は初歩的なものであり、秘伝でもなんでもないのです。太くしなくても特定の運気を強める方法もあり、一般のハンコ屋では真似のできるものではありません。
またご自分で強めたいと思っていても、実は他を強めることが、その運気を強くする場合もあるのです。

印相とは、単純に接点数と文字の画数を足して、画数を変えるものではありません。
そもそも印相イコール=画数ではありません。
画数の要素も含みますが、生年月日との相性の良い接点数は何なのか?また接点のトータル数の意味や、九星からの秘儀等、他の様々な要素を調和させて、その効果が出てくるのです。
そのため他の要素を加味して、画数で表現されるところの○画といった吉数の運気が出るようにして作成したりと、かなり複雑な手順を踏みます。

トータルで大吉であると同時に、鑑定書に書いた内容が特に強く出るようになっております。
それらを全て判断した上で印相の然るべき手法により、運勢の根本から底上げするのが当店の印相秘伝であります。
ですから、よく聞くような誰にとっても○画がいいということは本来ありえません。
生年月日や姓名との相性で決めるものなのです。