HOME

開運印相聖徳印鑑

長年の実績がある印相彫刻師が、手仕上げで開運印鑑を作成します

■開運印鑑で実績と信頼の名店 安心してお任せ下さい。
現在の印鑑のお届けは、ご注文から 1ヵ月前後です。※法人印の登記等、お急ぎのお客様はお申し出(日数ご相談)ください。

当店では、一人の印相彫刻家(東休)が鑑定から仕上げまでの全工程を行います。さらに印相上の秘伝を多数使い作成するためにお時間を頂いております。

姓名数を強運数に転換、開運印鑑で人生を変える

金運がないのも、結婚運や家庭運が悪いのも、病弱なのも、印鑑に全て表れています

世間の占い師による姓名判断や占い鑑定で「名前の画数がよくない」と言われた、また自分で数えてみて、どうやら良くない画数だと思っている方が多くいらっしゃいます。

そうして名前の弱点を指摘されようと、つまり占いは診断止まりですから、ただ受け入れるだけでは何の変化も起こせません。
そもそも名前の画数だけで人の一生が決定する訳ではなく、すべて運命に左右されている訳でもないのです。
何を選択しどう行動するかで、人生「後天運」積極的に変えていけるのです
そうでなければ生きている意味がありません。

印相秘伝による改名効果・凶数を吉数に変換

姓名と生まれ星の凶数を整える。運勢改善の秘儀がここにあります。

開運印鑑には<姓名判断上の凶数を吉数に変換>する力があります。さらには改名効果と同時に、九星の方位からの強運エネルギーをプラスする働きもありますので、開運印鑑を使うことにより、運命は少しずつ転換されはじめるのです。

古より「運勢」を変えたいならまず印鑑からと言われてきました。
自分の名前の入って印鑑は、モノではありません。
開運印鑑は人生を根本的に変えるきっかけとなる、開運ツールと言えます。

印相とは学問なり

姓名数理の霊導と九星気学の運気を補強し開運に導く印相学は、中国漢の時代より日本に伝来し、印相学として継承されたことが文献に記されています。

印相とは学問の歴史である
印相学は、先天運と後天運を観る運命学において、「生まれ星・姓名」のマイナス面を補うものです。
印鑑の小さな丸に小宇宙があるとされており、たとえよくない名前でも、先天運とあわせてその小宇宙内でどう開運させていくかが印相学です。

姓名判断に数理作用があるように、印鑑も印相学において小宇宙をあらわす不思議なものとして、運命判断の対象とされてきたのです。

印鑑ひとつで成功する人、失敗する人、ぐんぐん運勢がよくなっていく人がいるのはまぎれもない現象です。

人生を根本的に変える、開運ツール

印相は、印面に彫る書体と配置が最も重要なポイントであり、加えて、印材や印体・サイズ、そのすべてが吉相でなければなりません。

印相学は、その吉相を究明していくものであり、後天運を好転させていける学問なのです。

開運印相聖徳印鑑では、姓名判断・印相八方位・生年月日・音霊 総合鑑定のうえ、バランスを観て作成します。
森羅万象のすべてに『法則』があります。
素材の選択・鑑定・字入れは印鑑の命であり、当店では全ての工程にこだわっています。

印相は後天の運を開く、神秘の数理作用

自然の摂理で印鑑を作る
開運効果の表れ方は人それぞれ個人差があります。印相によって開運するには、一般的にある程度の期間が必要です。

しかしその一方で、注文手続きをしただけで運の向きが変わる人も大勢います。
何か不思議な現象や証し(あかし)を体験する人もいます。
同様に直ちに効果が出るとは申せませんが、本人の努力と想念で確実に効果が現れるのです。

結婚運もアップする開運印鑑
理屈でない森羅万象の法則がどう働くかは、人知を超えた世界のものです。

あなたはもっと恵まれた人生だったかもしれません

契約書や公的な書類には正しい印章が必要
重要な契約書・不動産の売買・車の購入・会社の登記などの公的書類は、署名と捺印があって初めて成立します。人生の節目には必ず印鑑が必要になります。

我々日本人の意識には、印鑑がそれだけ重要なものであるという認識があるため、印の吉凶が運勢にも影響を及ぼすのです。

ハンコを押すという事実が最後の一点を決めるのですから、自分の分身である印鑑には気を配るべきです。

最強開運ツールで運命を開く

時代はデジタル社会に移行し、押印を請求される場面も少なくはなりましたが、開運印鑑は持っていることに意義があります。

開運印鑑の特権とエネルギーを独占できるのですから、持たない人よりも強力なツールを持ち得たことになり、その差は広がりつつあるのです。

開運印鑑を持たない理由はどこにもないのです。

「普通のはんこ」と「開運印鑑」の違い

印鑑を変え、そして人生が変わる。正しい印相の極意で彫る開運印鑑
■印相鑑定士「東休」について:プロフィールページ

普通のはんこは「物」であり、100円ショップでも気軽に購入できますし、当然鑑定もされていない量産品でしかありません。※印相を観れば当たり前のように、そのほとんどが凶相印です。

姓名の画数や生年月日に弱い星がある場合は、印鑑内で印相により修正することによって弱点を補うのが開運印鑑です。

  • 吉方位に旅行や引越しで方位学を利用する
  • 風水グッズ等の幸運アイテムを身につける
  • 自宅や会社の家相を変える

等、運気を上げる方法はいくつかありますが、その根本の生年月日や姓名の弱点を根本的に補う「幸運のためのお守り」は開運印鑑のみです。

本物の印鑑で 運命を変えよう

正しい知識・行動で人生は変わる

古くより「印章は持ち主の魂が宿るもの」と言われてきました。だからこそ人々は印鑑を大切にし、大事な書類には判を押す習慣が出来たのです。

印鑑はあなたそのものです。正しい印鑑に変えると、運勢は少しづつ動き始めるのです。

持っていることに意味がある・プラスに変える印相

品質の良い本物を持つことは非常に重要です。

物に宿る「品格」は、持ち主に少なからず影響を与え、気持ちも変わりはじめるのです。
良い印鑑はプラスの運勢を引き寄せ、マイナスの印鑑は人生を破綻させることさえあります。

印鑑は使用していると自分の気が凝結するようになり、やがて魂宿る<自分の分身>となります。

使用者の魂を宿す ”宮” には、開運のためにふさわしい材質があります。
その印材の吉凶が人生にも影響を及ぼすのです。

開運印鑑の5つの重要ポイント

開運印鑑には素材選びが最も大切

■開運印鑑 5つの重要ポイント 1.印材は、国産の高級本柘(印鑑の歴史に熟知) 2.姓名判断 生年月日 音数 印相八方位で作成 3.書体 4.印鑑サイズ 5.手仕上げの世界唯一の印鑑である
印鑑の素材は人間で言えば体にあたります。故に印材選びは最も重要です。
たとえ書体が良くても印材(素材)が病んでいたら意味がありません。

人間もまずは健康が大切であると同じです。印鑑の体である材質には、自然の樹木である真柘を選ぶ事が印相の基本となります。

開運印相聖徳印鑑は、大吉の国産本柘のみで印鑑を作成します

人の思考・物にはエネルギーがあり影響を及ぼす」ことは科学でも証明されています。

物が持つ特有のエネルギーは私たちに影響を与えます。だからこそ相性が良い素材で作られた印鑑を持つべきなのです。

本来は占い上の相性判断ではなく、材質が人間に与える影響で印材を選ぶべきなのです。
いにしえより、自然の樹木である国産真柘が唯一の大吉印材と言われている所以です。

よくない波動を持つ素材で作った<凶相印>では持ち前の運も発揮できません。
さらに本柘以外の素材を扱うお店は、実は「印相の知識が全くない」ことは知るべき事実です。

象牙をおすすめしない理由とは
もっと詳しく⇒ ●象牙の行方 象牙や水牛等の動物性素材が決して開運しないことは明白です。

いにしえからの印相のタブーとは?

★宝石印鑑はすべて凶/動物性も吉ではありません。これらは災いをもたらす<凶相印>であると、印相では古くから教えていたのです。

  1. 水晶・メノウを初めとする、全ての宝石印鑑は凶相である。
  2. 象牙・黒水牛・白水牛・羊角などの動物素材は人に合わず、運は下降する。
  3. 自然の真柘は、唯一神が降臨する木。故にこれに代わる印材他になし。
宝石印鑑を初めとする鉱物性素材で作られた悪い印鑑は、開運印鑑にはなりえません。鉱物は冷たい陰性の素材ですので、開運には至らず、運気も冷え込みます。

水晶やチタンを使うと運勢は停滞します。苦労を背負う忍耐の相。黒水牛と象牙は良くない(悪い)

  • 水晶印材は魂宿る印鑑には絶対禁忌<宝石類・チタン等>お金で苦労し、運は停滞し、病魔の相もあり。
  • 身を粉にして働き、苦労の多い報われない黒水牛のはんこ。家畜の如く使われる運命。
  • 「三文の人生に追いやられる」三文判の安っぽいハンコ。 いつまで続く落ちぶれた安物人生・・・。

多くのお店では、印相学上タブーであるはずの水晶・メノウ・ヒスイ・ローズクォーツ・チタンなどの宝石・鉱物性をはじめ、象牙・黒水牛・白水牛・羊角等の動物性印材を使用し、開運印鑑と称して販売しています。

実はこれはこじつけ商法に過ぎません。

宝石印・動物印などは本来の印相学にはなかった印材なのです。

このような<儲け第一主義の商法>に惑わされて凶相の悪い素材を掴まされないよう、はんこ屋選びには注意が必要です。

改印が必要な「はんこ」はこんなにある

小判印・三文判・斜め彫り こんな印鑑を使っていませんか

※斜め彫り・三文判・無接触印・小判型・欠けたはんこ・角印の実印

▲宝石印・鉱物・動物性材質の他、上記のような印鑑を使っていると運気は停滞します。悪い材質や書体のはんこは、すぐの改印をおすすめ致します。

巷に氾濫する誤った情報:運を落とす凶と出る印材
■不運の原因とは!? 誰もが恐怖体験した凶相印材
■最高の印材とは。伝統印材に訳あり
■象牙印鑑の販売理由と、本当の意味

開運には、まず印鑑から

正統印相による立派な開運印鑑を選ぶなら、今は社会的にそれほどでなくても、なぜだかそれなりの存在になってくると言われています。
2~3年もたてば、ひとかどの人間になれましょう。

人相・手相・家相のように印鑑には印相があり、自分の姓名が彫ってある印鑑は、単なる物ではありません

吉相なら運勢は好転し、凶相なら運勢に悪影響を与えます。
「印相」には正邪・吉凶作用があり、神秘的な力が働くのです。

それが印鑑の作用であり、持ち主の運命を左右するとも言われている所以です。

開運印鑑とは、開運し幸せになるために手にするものです。

お客様からのお便り<口コミ情報>

多くのお客様より心温まるお便りを頂いております。頂きましたお便りは不定期にUPさせていただきます。予めご了承をお願いいたします。

▼ご購入者からの実際のお便り
●結婚できた・業績が上がった・子供を授かった・体調が良くなった・・など、口コミに全ては載せていませんが、たくさんの感謝のお便りも頂いています。

⇒ 頂いた実際のメール:口コミ  2 3 4 5 6(新)

印相秘伝で作成 手仕上げ開運印鑑 霊性高き真柘印材

●ご質問の前に⇒よくある質問をご覧ください
●その他のご質問・お問合せ⇒お問合せ
staff blog

正しい印鑑の選び方
★各印材の特色とサイズの正しい捉え方について

★何故あらゆる印材の中で、真柘のみが開運となり得るのか?柘の秘密についての解説。

印相鑑定士・彫刻師プロフィール
■印相鑑定士「東休」について:プロフィールページ

御蔵島 印材のレジェンド!樹齢70-100年で作る★至高の印材

御蔵島 限定入荷 伝説の御蔵本柘
伊豆七島にある神秘の島<御蔵島産の本柘>は、あらゆる産地の柘材の中でも最上位に当たります。

樹齢100年の間厳しい自然環境を耐え抜いてきた霊威が凝縮しています。

木目も緻密で強い開運の霊力に満ちている神秘の印材です。目に見えない霊力の守護が必要な方に最適です。

■伝説の印材☆希少な樹齢100年の銘木「御蔵柘植」■
印材作成職人の高齢化により在庫なくなり次第終了となります!
★2021.10月現在 ☛ 年内までに、御蔵柘印材・終了の可能性がございます。
もう二度と本当に手に入ることはございません。ご要望の方・ご購入をお考えの方はどうぞお急ぎ下さいませ。

■御蔵柘もっと詳しく ■ご注文ページ

九州最南端の★特選印材

九州最南端の薩摩本柘を使用
温暖な鹿児島県薩摩地方で育った特選素材を使用した真柘です。
農家によって丁寧に植林された本柘材ですので木目も整っており、均一な美しさが特徴です。
一気に育つ薩摩産は、発展の象徴とされており、見た目も一番綺麗です。
■印材もっと詳しく ■ご注文ページ

特選!鶴亀印鑑ケースオプション価格
<通常販売はしておりません>

鶴亀仕様の特注印鑑ケース(西陣織)⇒開運印鑑をご購入時、プラスお得な料金で鶴亀ケース」に変更できます。
印鑑と同時購入時のみお選びいただけるスペシャルプライスでのご提供です!

貫禄の存在感【一戸建用の風水表札】大人気!

風水の問題点を修正する開運表札
▲天然銘木の逸品▲表札は家の顔。家や格を表すものとして、昔から大切に考えられてきました。
家内安全を祈願し、一級の職人が浮き彫りの技法で丁寧に仕上げる「戸建て用」風水表札です。
一位・木曽桧・ヒバの天然銘木材を使用。

表札は家の顔です。名前を浮かせて彫る、浮き彫り文字で家運隆昌を祈念します
浮き彫り仕上げは、名前を浮かせることにより家運隆昌と家内安全を祈念する、縁起の良い彫り方です。

タイトルとURLをコピーしました