親不知おやしらずの虫歯に注意 抜歯後の痛みは半端なかった

スポンサーリンク
ブログ
開運印相聖徳印鑑

親しらずの虫歯は抜くのみ

とうとうわが身から、親不知がなくなった。
最後まで残っていた下の歯が、虫歯になってしまい、・・ついに、最後の親不知を、抜歯したのだ。

親不知は虫歯になると、抜くのが一番の対処法らしい。
というより、それしかないのだそうだ。
歯ブラシが届きにくいので、虫歯の再発の可能性も高い。
親不知虫歯=抜歯
魔の方程式(><;)
抜歯の時間は、以外に短かった。
・・簡単に言うと、
斜めに生えていて、頭が出ている歯の部分をまず削り、
引っ張り出すスペースを確保し、
上下の歯茎を切除、中の歯を引っ張り出す。。。
ということでした。
同じ生え方をしている人のサイトを今頃読むと、その方の手術時間は1時間を要したとか。
斜めに生えていたとか、クセが強かったのかな。
自分の場合は手術時間20分だったが、抜歯してから4日目であるにも関わらず、まだずきずきとくる痛みもいつまで続くのか不安である。

鎮痛剤の力

今朝は、早朝に痛さで目が覚めた。
く、くすりー!
鎮痛剤にすがるしか手立てはないのだ。
数分で効き、その後は安眠できた。
鎮痛剤よ、ありがとう。
だが、あの痛みが治まったことを考えると、逆に鎮痛剤の力おそるべし。

痛みの訳は

そりゃ、切って、縫って、痛いよね。
と自分に言い聞かせていたが、
実はあれだけの痛みの理由は、切って歯を抜いて縫った、だけではなかったのだ。
出血が足りなかったために、かさぶたにならず、神経が丸出しになっていたせいだったとか。
抜歯した日、歯医者さんから、
「出血が足りないからちょっと痛いかも・・」と言われたことを思い出した。
その時は、出血の量と痛みの関係性が理解できないでいたが、ようやく身をもって理解するに至りました。
タイトルとURLをコピーしました