悪方位だったスペイン旅行で起きたこと(海外旅行は吉方位で行きましょう)

スポンサーリンク
サグラダ・ファミリア ブログ
開運印相聖徳印鑑

さすがに陽気なスペイン(マラガ)の男性。歩いていると、部屋から手を振ってきた。

スペインマラガ

充電器が充電中に黒焦げ 悪方位の影響・・?

スペインのホテルに到着した夜、なんとその初日に、、充電中まもなく充電器から黒い煙があがりはじめたのには驚いた。
慌てて充電器を外してスマホは無事だったが、充電器は黒焦げとなった。
以前海外に行った時のものだが、まだ2年くらいしか経っていない。
日本から持ってきた充電器は、役目を果たすことなく早々にゴミ箱行きとなった。

サグラダ・ファミリア
せっかくのサグラダ・ファミリアも、近影がまったく撮れていない。
ホテルに到着するまでの数枚と、わずかに残っていた電池のおかげで撮れたものだけ。

グエル公園

ここ(グエル公園)で購入したかわいい模様のマグカップも、帰国してから、手洗い中に他の食器にぶつけてしまい、早々に欠けてしまったし。

欠けたものは、印鑑と同じで手元に置かない方がいいので、思い出と共に泣く泣く処分(/_;)。

またマラガの海辺の公園では、蟻に刺された箇所は熱をもって膨れて、一週間ほど腫れがひかなかった。

行先までの距離が遠いほど影響力がある

あまりにおかしな事が続いたため、後日方位を観たところ、自分と相剋(悪方位)の方位「三碧木星」でスペインに行ってしまっていたのだ。

悪方位でも、人によっては特に嫌な事が起こらない場合もあるし、
無意識に悪方位を取ってしまい、今回のように望まないことが起きてしまう場合もある。

このような時は、
相剋方位の結果がこの程度の小難で良かった、このような小さな形で消えて行ってくれたのだ
と考え、とりあえず感謝するのが望ましい捉え方です。

すると、その後意外ないい事ばかりが起き始めた、というケースも多いのです。

とはいえ、なにしろ、スペインと日本の距離は一万キロ以上!

距離があるほど、吉凶が出やすいのです。

海外旅行は、取れるなら吉方位で行くことをお勧めします。

スペインが悪方位なのではない

ご存知の方も多いかと思いますが、スペインがいつも悪方位なのではありません。
出発する年月日と、自分の九星で変わります。念のため。

タイトルとURLをコピーしました