印相

スポンサーリンク
印相

印鑑は画数ではない

占い師に運勢を見てもらい、画数が悪いから印鑑を買えばよくなる、と勧められるケースが増えています。所謂悪徳商法の一部で恐怖感を煽っての販売です。しかし印鑑はイコール姓名判断ではありません。印鑑で実際の画数が変わるわけはないのです。印相という別...
印相

強化希望運

お名前と生年月日をお伺いし、鑑定をしながらバランスを観てすべての運気を強化して作成します。 印鑑に彫る文字は、生年月日と姓名判断、お名前の音数などを鑑定して、印相の秘伝により作成するのです。※それぞれの印相(実印・銀行印・認印)において強化...
印相

偽造について

印鑑の偽造について 印相体は、書体は手作りであるために毎回違う文字に仕上がります。 そのために、一番偽造がしにくいはずです。 書体そのものは手作りであり、その作った書体通りに粗彫りをかけますので、機械を一部に入れたからといって偽造がしやす...
印相

旧字体と新字

「髙」と「高」 「恵」と「惠」 など・・ 戸籍では旧字だが、いつもは新字を使っている。 姓名判断からすると、どっちの文字を使った方がいいのか? 画数を数えると、どうやら旧字のがよさそうだが・・ 芸能人の方も、わざわざ旧字に戻す方もいらっ...
印相

お札の印相

お札の印相と同じにするとお金が入るようになるんですか? というご質問がありました。 確かに、お札に使用されている印鑑は、印相の秘伝を使用したものである事は間違いありません。 表は流通、裏は歯止めを意味し、日本全国に流通しながらも最後は...
印相

生年月日

戸籍上の生年月日と、実際に生まれた日、 そのどちらで鑑定するかといえば、実際に生まれた日です。 印相では姓名判断も使用しますが、その中で行われる画数計算は、 姓名判断上の画数を単純に変更するといったものではないため、 具体的に外画や地画を...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました