開運印相聖徳印鑑は国産本柘の専門店として、長い間4つのランクを扱ってまいりました。

  1. 樹齢100年の希少霊木である、御蔵本柘
  2. 薩摩産のスタンダード材である、真柘
  3. 薩摩産の極上素材である、真柘(極上)
  4. 幹の根本から採る、最希少な長寸材。更に向上を願う方の「男性専用」最大吉・最強大吉印材

しかしながらこの度、真柘(上記2)の取り扱いを中止する運びとなりましたので、ご連絡させていただきます。

真柘中止の理由

  • 印鑑作成のご注文が集中殺到しております。ありがとうございます。鑑定から発送まで現在(2018.5月)5ヶ月待ちとなっております。
    そのために誠に勝手ではございますが、受注を制限する必要が出てまいりました。
  • 上記に伴いまして、印鑑ケース、印材等、運営上の在庫負担を改善、および効率化することとなりました。
    ★真柘極上以上のご注文のお客様が大変多く、さらに真柘をご購入された方から、ご購入後「ここまで良いものなら、もっと上のランクを注文すればよかった」との感想が多く、ご購入後時を待たずに、真柘極上、御蔵柘、男性ではさらに上位ランクに作り変える方もいらっしゃいます。
  • 3本セットでの真柘と真柘(極上)の価格差は2万円程です。一時的な2万円の差は大きく感じても、印鑑は通常使用では10年単位の長いスパンで使用するものです。
    一つの考え方として、10年後の一年換算では、僅かに2000円しか違わないことに気づかれるでしょう。印鑑の強さが継続されることを考慮すれば、当初から真柘(極上)以上の強いエネルギーを受けて頂きたいと望む次第です。

HPにもございますが、真柘(極上)が印相法の一つの完成形と考えております。

御蔵本柘・男性には最大吉等ご用意しておりますが、「どのランクを買うべきか」とのご質問があった場合には、
ご予算の許す限り、女性なら50000円以上のセット、男性なら59000円以上のセット、をいつもお勧めしてまいりました。
(※素材の質だけでなく、鑑定方法「使う秘伝」に違いがございます。)

もともと真柘は、何らかの事情によりあまりお金を掛けられない、または掛けたくない方向けに始めたものです。
しかし今後は、お客様にとっても、真柘(極上)以上の取り扱いがベストであると判断、今回の決断に至りました。

過去に真柘を購入された方へ

3本のうち、それぞれランクが違っていても問題はありません。例えば、実印だけ一段良いものにする方も多くいらっしゃいます。
(印鑑個別の力の差はあっても、他の印鑑との相性が悪くなり、バランスが崩れることはございません。同じ柘であり、作者も同じであります。)

よって、今後印鑑を追加ご購入される場合など、現在お持ちの真柘とのバランスに関しましては、ご心配の必要はまったくありません。どうぞご安心くださいませ。

上記の理由により、どうぞご理解をお願い申し上げます。今後とも、開運印相聖徳印鑑をどうぞよろしくお願いいたします。