以前、会社の友人とランチの後会社に戻るため、銀座外堀通りを歩いていた際、

手に葉書を持ち、とても焦って迷っていらっしゃるご様子の老夫婦を見かけました。

どこかをお探しですかと尋ねると、画廊を探しているとのこと。

 

見ると、その地図の住所は確かにその辺りであるにもかかわらず、

住所を確認してもその建物に入る入り口が分かりにくく、なかなか見つからず、

昼休みも終わろうとしており、私たちも焦りだし、

しかし20分もかかりましたが、ようやく探し当てました。

 

ご親戚の方の初めての展覧会で、その最終日にぎりぎりに間に合って喜んでくださいました。

そのご老人は、その腰を深く折りとても丁寧に、

「本当に本当にありがとう、お忙しいところを自分のために感謝します。今日が最後の展示日で、今日しかなかった。間に合って良かった。

あなた方にはもう会えないと思います。ですから、このご恩は、

他の人への親切でお返ししたいと思います。」

とおっしゃいました。

 

感謝の言葉からの、他の人に親切で返したいというその言葉に、友人ととても感動し、

このご老人のような年のとり方をしたいと思いました。

 

印鑑は開運印相聖徳印鑑