親しらずの虫歯は抜くのみ。

とうとうわが身から、親不知がなくなった。

・・ついに、最後の親不知を、抜歯したのだ。

つまり、、虫歯になってしまったからだ。

トホホ。
虫歯になると、抜くのが一番の対処法らしい。
というより、それしかないのだそうだ。
親不知虫歯=抜歯 (><;)魔の方程式
歯ブラシが届きにくいので、再発の可能性も高いんだとか。
抜歯の時間は、以外に短かった。
斜めに生えていて、頭が出ている歯の部分をまず削り、
引っ張り出すスペースを確保し、上下の歯茎を切除、中の歯を引っ張り出す。。。
・・簡単に言うとこうなる。
同じ生え方をしている人のサイトを今頃読むと、手術時間は、1時間を要したらしい。
20分で終わったとは、すごい。
ただ、4日目になるが、まだずきずきと痛い。

鎮痛剤の力

今朝は、早朝に痛さで目が覚めた。
く、くすりー!
鎮痛剤にすがるしか手立てはないのだ。
数分で効き、その後は安眠。。。鎮痛剤よ、ありがとう。鎮痛剤おそるべし。
そりゃ、切って、縫って、痛いよね。
しかし、あんなに痛いのは、切って縫ってだけのせいだけではなかったのだ。
出血が足りなかったために、かさぶたにならず、神経が丸出しになっていたせいだったとか。
そ、そんな事もあるんですね。
歯医者さんから、出血が足りないから、ちょっと痛いかも・・と言っていたわけをようやく理解した次第です。