熱っ! 気を付けていたはずが( ;∀;)またやってしまった! じつは、これで3回目(ドジの極み)。
火傷をしてしまったのだ。

魚焼き器で魚を焼いていた時だった。チンと鳴りその蓋を開けようとして、腕の柔らかい内側に、一瞬だけ、触れただけだったのに。

いつも夏前後の、半袖の時。

すぐにタオルを水道水で濡らし、冷やしては腕に当て、またタオルを水道水に浸しては患部にあて、
長時間はかえって良くないという情報もあり、せいぜい5分以内にとどめて冷えたところで、白色ワセリン(あんず油・ゆず油・椿油・ヒマシ油などもいいらしい)を塗る。

その油を塗った後の患部は、すぐにラップなどで蓋をすると傷口が空気に触れないため、火傷の痛みがいくらか緩和されるらしい。そのうえ、傷口がきれいに治るのだ。

クレラップを患部に貼る

クレラップ

痛みの緩和だけでなく、傷の痕の残り方も違うなんて、赤チンキを塗っていたひと昔前と、まったく治療法が違う。
※昔は、傷は乾かしてかさぶたにするのが一番とされていたが、傷口は乾かさないのが最新の治療法らしい。

とはいえ、結構痛い。なかなか痛い。ラップの上からまた冷やして傷みが和らぐまで数十分くらい・・。

ここで慌てて氷で冷やしたり、水道水を流したまま患部に当てたりすると、水膨れになると聞いた。
しかし、お風呂でうっかり濡らしてしまったら、結局水膨れになっていた((+_+))。

業務用日立ラップで湿疹

日立業務用ラップ

使用していたクレラップが3日ほどでなくなってしまい、予備の日立業務用ラップに替えて使用。

いつものように、患部にワセリンを塗ってラップして、就寝中に擦れて患部に当てたラップが剥がれないように、その上に日立業務用ラップをぐるぐるに巻いて寝た。

その翌朝だった。なんと、ラップを巻いた腕が異常に赤い、慌て、ラップを外したらとても痒い。

食品用ラップで湿疹? まさかそんな事態になる?(-_-;)うそお? その湿疹した腕を何度も見つめたが事態に変化など起こるわけない。。

コットンを水道水で浸し、ラップした箇所を丁寧に拭き、傷以外の部分はさらに水を当てないように洗い流した。
翌日には湿疹はほぼ治った次第。

ポリラップは無添加

ポリラップ

今日、たまたまスーパーで知りました。

ポリラップは添加物が「ゼロ」!

箱には、【添加物ゼロ! 食品に移らない ポリエチレン素材使用 粘着付与剤等の添加物を一切使用していません】
の記述があります。

ちなみにこのラップの価格は、他のラップとほぼ差異はないようです。

サランラップ、クレラップ、〇〇ラップ、、業務用ラップ等様々あり、どれも切れ方や厚みだけの違いかと考えていた。

食品を直にラップしたり、器にラップしてレンジにかけ食品に触れる可能性があるものには、もっと神経質になるべきだと実感。

添加物成分名

ポリラップ添加物:なし。
クレラップ添加物名:脂肪酸誘導体(柔軟剤)、エポキシ化植物油(安定剤)
日立業務用ラップの添加物名:脂肪族多塩基酸エステル(柔軟剤)、エポキシ化植物油(安定剤)、カルシウム化合物(安定剤)