1ヶ月待ちの西勘本店(刃物のお店)の爪切り

2ヶ月ほど前、アド街で京橋で-160年余りの歴史を誇る-刃物のお店 西勘本店を紹介していた。

その際、出演者のひとりが、この爪切りは、安くてその後爪を研ぐ必要もないくらいによく切れる・・と絶賛していた。
30年くらい使っていた爪切りもいよいよの寿命、さすがに切れが悪くなってきてて、買い替えようとしていたところだった。

早速商品の在庫の問い合わせをしてみた。

・・そしてTVの力を実感。予想通り注文が殺到しているとのことで、1・2ヶ月~かな、頑張りますという返答だった。

待ちましょう! 待たせて頂きます!

待ちわびたその2カ月がたち、忘れかけてた日、ようやく入荷の電話が来た!(^O^)/

東京駅から、歩いて10分くらい。

東京都中央区京橋1丁目1−10 営業時間は10時から。

西勘本店と看板あり、大通りに面していてわかりやすい。
入り口には、用途別の包丁がきれいにディスプレイされている。

西勘本店

西勘本店 爪切り

おそるおそる中に入り、爪切り到着番号を伝え、待望の爪切りを手にした。入店の際には人もいなかった店内だったが、到着を知らされた人が4人くらい来て、受け取っては帰る。

また、TVで見た爪切り購入したいという人も飛び入りで来ていて、2カ月たってもその影響力を知る。

西勘の爪切り 違います

西勘爪切り

左はサイズ小

第一印象は、あれっ、以外に小さい。家にあるのに比べると、その7割くらい。

でもその大きさゆえか、持ちやすくて使いやすい、手に馴染み、パチっと?いうかさらっと切れる。

出演者も言っていた通り、やすりを使う必要がないくらいに切った爪がトゲトゲしない。

購入したのは「大」だが、「小」を携帯用に購入したい。とってもいいです。

毛抜き

日本製の手作りの毛抜きが欲しかったから、ついでに見たけど、西勘の毛抜きは高かった。15,000円( ゚Д゚)。つ、使ってみたい、けど高い。

諦めて、既製品の1850円のをついでに購入にしました。爪切りより高い(笑)。

西勘開業経緯 江戸時代からの老舗

160年以上前、徳川幕府13代将軍家定の時代、江戸湾直下型の大地震の際、日本家屋が焼失し7千もの死者も出たとのこと。

家を建築するのに必要な左官道具のため、開業に至った経緯がある。

西勘の刻印は全国の大工さんも知る品質の良さ、使い勝手やアフターサービス(領収書で研ぎなおし)も良く、五つ星評価なのだそうです。

良い物を持つと嬉しく気分を上がり、良いことが起きそうな気持になる。長く使うものは、安物買いの銭失い、にならぬよう心に留めおきたいと思います。