楊枝で刺してりんごは美味しくなった

スポンサーリンク
りんご おすすめ度髙
開運印相聖徳印鑑

好みは人それぞれですが、せっかく買った果物がいまいち美味しくない、甘くない、という時ありますよね。

先日、せっかく買ったのに、わざわざ通販で糖度12度以上とあるから購入したのに、りんごが酸っぱい、味がない、おいしくない、、。
とてもがっかりしました。

するとちょうど、ある番組であるタレントさんが、地元で採れるリンゴの話しをしていました。

そのリンゴの美味しい見分け方を聞かれ、

「へたの反対側が黄色い色が美味しい」※これは後日試したがそうでもなかったです
②「リンゴに傷が付いていたら、そのキズリンゴは必ず甘い」

なるほど、野菜と同様、観葉植物も、水は極力最低限度(月一または2ヶ月に一度程度)の方が根腐れせず、立派に成長させられる事を経験したため、早速あることを試してみました♪

「逆にリンゴに傷をつけてみよう!」

初めは、ぷすっとスプーンの先を刺して抜き、しばらくしてから食べていました。

これも結構変化がありましたが、
最近では、楊枝をリンゴのへた(枝)の近くに刺したまま、3日~5日ほど置いておくようにしました。

(*^^*)どうなるのか、とても楽しみです♪

日を置いて食べてみたところ、

なんと! 糖度が上がって♪甘いコクのあるりんごに変身を遂げていたのでした👍※個人の感想です笑

その後バナナでも試しましたが、なかなか濃く甘みが増すような感じになりました^^
バナナは足が速いので、早めに刺してください。

勇気の?ある方、試す価値ありです!

タイトルとURLをコピーしました