楊枝を刺したリンゴは美味しくなったのか

りんご おすすめ度髙
開運印相聖徳印鑑

果物を美味しく食べたい

美味しそうな果物も、食べたら美味しくなかった、甘くない、期待したのに残念、、という時ありますよね。

先日、糖度12度以上と記載があったので、そのサイトから🍎を購入したのに、
なんて酸っぱい、味もないリンゴが届きました💦。
糖度12度以上は結構な甘みだと思うけど、、。
楽しみにしていたのに、糖度の情報はあてにならないという事実を経験しました 😥

おいしいりんごを見分ける方法

そんな日にタイムリーなことに、リンゴの種類の名の可愛いタレントさんが、地元で採れるリンゴの美味しい見分け方を聞かれた際に、下記の内容を話していました。

「へたの反対側が(りんごのお尻の部分)が黄色い色が美味しい」
※後日試したがそうでもない^^; お尻の部位は熟していくにつれ全部赤くなる
②「リンゴに傷が付いていたら、そのキズリンゴは必ず甘い」

なるほど~! 野菜と同様、観葉植物も極力最低限度(月一または2ヶ月に一度程度)の水が根腐れせず、立派に成長させられる事を経験したため、早速あることを試してみました♪

リンゴに傷をつけてから食べてみよう!

何個か同じお店から買ってきて、スプーンの先をりんごにぷすっと突き刺して抜き、数時間してから食べて味の変化を確認してみたところ、

なんと、美味しくなってる✨!
確実に味に変化が見られました!

楊枝を刺したら、しばらく放置

最近では、5,6個購入したリンゴのへた(枝)の近くに、楊枝を刺したまま、3日~5日ほど置いて食べてみると、

なんと! 刺激をうけてか?甘いコクのあるりんごに変身していました。
※個人の感想ではありますが、勇気とチャレンジ精神でぜひ試してほしいです笑

その後バナナでも試しましたが、なかなか濃く甘みが増すような感じになりましたよ♪
バナナは足が速いので、早めに楊枝を刺して日を置かずに食べてくださいねっ^.^

タイトルとURLをコピーしました