何気なく買ったティファールのアイロン。

強力スチームと書いてあった。

 

・・十年くらい使用していたアイロンは、スチームのないものである。

なぜスチームでないアイロンを使っていたかといえば、スチームが信じられなかったからだ。

信じられない、とは、頼りないという意味である。

この前のはスチームアイロンだったが、昔もののせいか、スチームの出が良くない、

プシューーーッツとは出ない、シュッとだけ。 しかも出たり出なかったりする。

 

何枚ものワイシャツをアイロンかけする際には、この気まぐれなスチームに腹が立っていた。

だから、自分でシュシュと霧吹きしてからアイロンをかけていたのだ。

 

スチームでないアイロンだが、こんな単純なアイロンもついに壊れた。

お店に行くと最近はスチームナシなんて売ってない。

スチームつきのアイロンを購入するしかない。

東芝でも、パナソニック、サンヨーでもない、

聞いたような聞いたことのないようなメーカーのアイロンに、時短、強力スチームの文字。

ティファール・・強力・・を信じて買ってみた。

 

す、すばらしかった、このスチーム!あっという間に生地が伸びる!

 

このティファールに惚れこみ、

魔法瓶から電気ポットに、フライパンも鉄から換え(これは鉄の方がいいかもだが)、鍋も変えた。

 

単純すぎる。