旧字体と新字体は同じ画数

スポンサーリンク
開運印相聖徳印鑑

旧字体と新字体の違い

戸籍では旧字だが、いつもは新字を使っている。

姓名判断からすると、どっちの文字を使った方がいいのか?

姓名判断は日本でもっともポピュラーな占いです。
主に画数で鑑定するパターンが多いようですが、画数換算にも基本的なルールがあります。

画数を数えると、どうやら旧字のがよさそう・・芸能人の方も、わざわざ旧字に戻す方もいらっしゃいますね。

しかし実は画数というのは、「実際に書いた文字の画数」が象意として顕現するのではありません。

運勢上の画数は、本来の文字である旧字体でとる

新字体と旧字体では見た目の画数は違いますが、運勢上の画数は本来の文字である旧字体の画数で出る、という法則があるのです。

姓名判断において表れる象意(意味)とは、必ず旧字体の意味で出てくるため、鑑定の種類に関わらず画数は旧字体で取るのが基本となります。

必ず旧字体の画数で現れるというのが、運命学の鉄則であり法則であります。

例えば、「恵」という字は単純に数えると10画ですが、「惠」として12画の象意で現れるのです(「恵」と書いても、「惠」と書いても、印鑑に彫っても12画としての象意で現れます)。

「浅」「淺」も同じ文字です。

「高」と「髙」も同様につまり10画ではなく11画と取るわけですね。
どちらを使用しても運勢は髙の旧字体で現れるのです。

印鑑で彫る場合も同じで、高で彫っても髙で彫っても運気は同じなのです。

タイトルとURLをコピーしました