姓名判断は日本でもっともポピュラーな占いです。

主に画数で鑑定するパターンが多いようですが、画数換算にも基本的なルールがあります。
例えば高と髙。
新字体と旧字体では見た目の画数は違いますが、運勢上の画数は本来の文字である旧字体の画数で出る法則があります。
つまり10画ではなく11画と取るわけですね。
高と書いても髙と書いても同じです。どちらを使用しても運勢は髙の旧字体で現れるのです。
印鑑で彫る場合も同じで、高で彫っても髙で彫っても運気は同じなのです。