アルカリ性の毛染めは、すでに体に悪い影響を与えることは知られていると思います。

肌についたものは、5秒で体の細胞にしみこんでいくといわれています。

 

無農薬野菜、無添加素材、安全食品に凝っていて、ちょっとした健康オタクの生活。

ラウリル硫酸など使用の、劇薬?シャンプーも数年使用していない。

そのせいか、(または年のせい?)、97%植物性毛染めがウリの美容院で施術してもらっても、その後2週間は頭皮が痒くてかゆくて、頭をかきむしりたくなる。

以前は、いくら染めてもこんなことはなかった。

 

もう、どこの美容院でも染めてもらうことはできないのかと、

無添加毛染め、植物性毛染め、やさしい毛染めなど、検索してネットから探しました。

最近は、ホントに便利です。

なんでも検索して、居ながらにして購入できる!

そして、ありました。あるんですね。

 

シャンプー後に濡れた髪に10分ほどつけて洗い流す、トリートメントタイプと、

シャンプー前に染めて待つタイプがあり、試しにどちらも購入。

(なんでも人体実験する)

 

市販の化学品で作った毛染め品より、やはり染め上がりは弱いですが、まったく痒くないです。

そういう通販のお店は、やはりシャンプーにもこだわっているので、シャンプーリンスもついでにどちらのも購入。

アミノ酸系のシャンプーは、まだいいものであると知っていても、なぜか痒くて好きではなかったが、やっと自分に合うものを購入でき、ようやく満足。

CMなどに惑わされず、体にいいものを追求したいものです。

 

女性でも、若くても髪の薄い方を時々見かけます。

シャンプー・コンディショナー、カラーなどを変えることにより、薄毛の悩みも解決される場合が多くあります。

また子宮など婦人病も、シャンプーの影響も多くあると聞きます。

みんなも使っている、大企業がCMしてるから、などの、日本的な発想から早く目覚めてほしいと思います。