電子印使用法Word Excel編

スポンサーリンク
電子印鑑使用法

マイクロソフト・オフィスの「Word・Excel」に使用する場合の、電子印鑑の使い方を簡単に分かりやすくご説明します。

こちらで販売している電子印鑑のファイル形式は、【透過処理したPNG形式】になります。
他のファイル形式をご要望の方は、PNGファイルをご自身で変換してご利用ください。

ここでの例はWindows10を使用しております。
OSが違っている、オフィスのバージョンが異なる、またはワードとエクセル以外のソフトを使う場合、それぞれのソフト特有の方法がありますので、説明を参考に応用頂けましたら幸いです。

ワード「Word」編

ここでは「角印」を会社名の上に貼り付けてみます。
●まず、納品書・請求書等の書類を開きます。
●下の画像  ↓ 「挿入」から「画像」をクリックします。

ポップアップ画面で「図の挿入」の画面が開きます。
●電子印鑑が保存されているフォルダを開いて、使用する電子印鑑を選択します。
●次に、右下の「挿入」ボタンをクリックします。

電子印鑑が書類上に貼り付けられました。
ワード仕様では、一旦画像が文字の上に乗らず行間に入ってしまいます。
●最初は大きな画像ですが、調整して適切なサイズにします。

文字の上に乗せる その①

ワード特有の仕様として行間に入ってしまうため、画像を前面に出す作業を行います。

画像を選択し、右クリックすると、サブメニューが表示されます。
●赤線で引いた「文字列の折り返し」から「前面」を選択しクリックします。

これで画像が文字の上に乗り、広がっていた行間も元に戻りました。

↓ 電子印鑑の四隅の〇をドラッグして、大きさを調整します。
●適切な大きさまでドラッグしながら調整し、目的の場所まで移動します。

透過画像ですので、文字の上にあたかも印鑑を押したかのように乗ります。

文字の上に乗せる その②

画像を選択して、右クリックすると、サブメニューが表示されます(ここまでは①と同じ)。

↓ ●今度は「レイアウトの詳細設定」を選択します。

 すると「レイアウト」のポップアップ画面が出現します。
●その中の「文字列の折り返し」タブをクリックし、「前面」を選択し「OK」ボタンを押します。

文字の上に電子印鑑が乗りました。

①②いずれの方法でも、レイアウトの「文字列の折り返し」→「文字の前面」を選択することで、電子印鑑の画像が文字の上に乗ります。

●同様に画像の大きさを調整し、任意の場所までドラッグして完成です。

エクセル(Excel)編

エクセルの場合は、画像を呼び込んだ時点で文字の上に乗ります。
「認印」を担当者名の上に貼り付けてみます。

 ●まず納品書・請求書等の書類を開きます。

 ●「挿入」から「画像」をクリックします。

 ●電子印鑑が保存されているフォルダを開いて、使用する電子印鑑を選択します。
●次に、右下の「挿入」ボタンをクリックします。

エクセルの場合は、この時点で文字の上に乗っています。
●大きい画像のままですので、四隅の〇をドラッグして大きさを調整します。

●適切な大きさに縮小して、任意の場所に移動して完成です。

画像はPNG形式の透過画像ですので、文字の上に実際に印鑑を押したようになります。

印影画像を予め登録できるソフトの場合:
会計ソフト自体に印影登録機能があれば、書類の作成と同時に予め印影画像を登録することも可能です。それぞれのソフトやシステムに合わせてお使い頂けたら幸いです。
タイトルとURLをコピーしました