個人事業の場合、個人印で十分に対応できます。

∞実印も銀行印も個人印で問題ありません

 

個人事業の開業届出書には、とくに実印での押印の規定はありませんので、どの印鑑で押印されてもまったく問題はありません。

銀行口座も個人の口座でとくに不都合はないかと存じますが、屋号で銀行口座を開設する場合は、「○○○○(屋号)○○」(様)といった口座名義となります。

この場合も、事業名「屋号」としての印鑑ではなく、個人の銀行印の押印となります。
※個人事業の場合、屋号の入った口座でも、銀行印は個人様の銀行印で届出をすることになっておりますので、屋号による銀行印は不要です。

領収書発行等の際に使用する印鑑は、○○様個人の認印でも実印でも構いませんので、屋号での印鑑は特に準備する必要はありませんが、
個人事業としての印鑑を用意されたい場合は、屋号の認印として「角印」のみをお作りになられたらよろしいでしょう。