まずは運勢に影響を及ぼす「実印」を持つべき理由

スポンサーリンク
開運印相聖徳印鑑

持つべきものは実印

まず、1本だけ持つとしたら、どれがよろしいかといいますと、もちろん実印です。

銀行に口座をお持ちでない方も少ないので、銀行印と実印は兼ねている、という方がいらっしゃいます。
これでは、いつまでたっても運が開きません。

どうせ実印も使わないでしょ、銀行印も登録だけだし、もったいないから1本で間に合わせていいんじゃないか、という考え方を変えてもらわないといけません。

開運印鑑は、実際の使用頻度よりも所持していることが大切です。

実印の働き

運勢にも一番影響力があるものです。

実印は使用頻度は低いものですが、印鑑登録、そして様々な契約の際に使用します。

夫婦が入籍したときからお互いの家系の因縁が動き始めるように、
「印鑑登録」する事により、書類に登録することで法律的にも本人の人格と分身である事を認める、大変重要な印鑑となるのです。

印鑑登録

実印登録は、思ったほど面倒ではなく、気が抜けるほどあっさりと登録できます。

ぜひ「印鑑登録」をなさることをお勧め致します。

この実印を持っていないということは、人生の方向性が定まらないだけではなく、
男性は社会的な活躍ができません。

つまり出世ができません。

女性も実印を持ち印鑑登録することにより、どこか安定した感がうまれ、家庭や人間関係など認められる機会が増えて働きに応じた評価を得ることができるのです。

実印は運勢に一番影響し、その人の人生そのものを司っております。

タイトルとURLをコピーしました