趣味のように、ご自分の名前の印鑑を何本ももっている方がいます。

印鑑は一本づづでなくてはいけないものではありませんが、あまり所有しすぎるのもよくありません。

巷で販売している印鑑のほとんどが印相から外れている現実を考えますと、

趣味であろうと、お持ちの印鑑の全てが吉相であるということは想像に難く、

新たに吉相の印鑑を手にされても、他の印鑑の凶相効果が足を引っ張る可能性が高いと思われます。

 


印鑑は1本以上所有する場合でも、それぞれの用途(実印・銀行印・認印)で各2本くらいまででしょう。


特に数点印鑑を所有する理由がないのでしたら、吉相の印鑑のみを持たれ、

あとは印相の正しい方法にて処分するのがよろしいでしょう。


それが一番運を上げる近道と言えます。

ご趣味で収集するのは個人の自由ですが、

印鑑には使用者の気が宿り、やがて魂宿る自己の分身となるものです。


それ故に印相の吉凶が実際の運勢に影響を及ぼすようになるのです。


ですから、印相の観点から多数の印鑑を使い分けるのは正直お勧めしません。

しかし、それが趣味とあらば【封印】して、実際には吉相のみを使用するしか方法はありません。