印面には墨を塗ってあります。

この墨がとれてしまってもいいかというご質問がありました。

ご使用されていくなか、いずれ墨がとれても問題ありません。

また、朱肉が付きにくいが・・というお声もありました。

市販されている安物の印鑑には、天然の墨での印面処理が施されていないためそれほど気にならないかと思いますが、

当方の印鑑の印面には墨が塗ってあるために、押しはじめは朱肉との馴染みが悪いため、まだらになりつきにくい場合があります。

もうしばらくご使用を続けていかれるうちに、徐々に朱肉が馴染んでくるでしょう。

どうしても朱肉の付きの悪さが気になる場合は、銀行や郵便局では馴染みがよいような朱肉を使用(常設)している場合が多いので、一度十分に朱肉を馴染ませてみるのもよいかと思います。

 

※水気の多い朱肉の場合は、しばらくしてもそういった傾向がありますので、気になる場合は粘りの強い朱肉をご使用いただくことにより解決できます。

当方で販売中の、練り朱肉-大人気「極上朱肉」をお勧めいたします。