宅急便等の受け取りなど、

家族だからと、例えばお母さんの認印などの印鑑を、家族みんなが使用して(使いまわして)いるお宅が多いようですが、

名字が同じだからと、印鑑はみんなで共有するものではないのです。

 

印鑑は、本来「自分だけのもの」で、 受け取る人の印鑑で押印するものです。

その方が印鑑への意識も高まり、よい印鑑の霊位も受けられるのです。

 

いちいち、印鑑を取り出して押印するのは面倒、というのであれば、

家族の印鑑として、1本ご用意されるのがよろしいでしょう。