お子様の印鑑について

スポンサーリンク
印鑑
開運印相聖徳印鑑

子供の印鑑 選び方

・「息子に印鑑をプレゼントしたいが、どのサイズがいいのか」
「子供の印鑑を作ってあげたいが親よりも小さいほうがいいか、大きさはどれがいいか」
・「まだ小さいが、印鑑を与えるのにいちばんいい時期を知りたい」とのご質問を受けます。

よくあるご質問ですので、こちらにも回答を載せさせていただきます。

印鑑サイズ

親子間の印鑑寸法に規制はなく、あるのは男女間のみです。
お子様の印鑑は、お父様(またはご兄弟)と同じサイズでよろしいと存じます。

たとえば親より(年長より)小さな印鑑を作らなければいけない、大きな印鑑を作ってはならないとしたら、その家系において、印鑑は代々小さなものとなってしまいます。

むしろ子供は親を超えていくことが望ましく、親が小さめならそれよりも大きな(適切なサイズの)印鑑を持って、高く成長してほしいと願うものです。

男性用の最大吉・最強大吉は、別名「社長の印」と呼ばれ、事業での大成功を望む方、
組織の長となる方、あるいは運勢を大向上させたい方、大開運を望む方への、
印相学最高傑作の逸品への特注品、特別品であります。

印鑑は一生の中でそう何度も買い換えるものではございません

ここで大切なのは、
・自分の息子さんにどうなってほしいのか
・ほどほどでいいのか
・運気が強くなってほしいのか です。
男性用印鑑は大きければ高額になりますが、大きいほどエネルギーが強いのです。
男性が自分で印鑑を購入する場合、まず可能な限り大きいものを買おうとします。
よりよくなりたい、もっと大きな事をしたい、これが男性としての本能なのです。

印鑑を持ち始めるのに適した年齢は

印鑑は成人になれば3本必要となると思いますが、実印登録は15歳から可能ですので、実印実際の使用は高校生以降でしょう。
開運印鑑はお守りともなりますので、誕生と同時に3本セットで揃える親御様もいらっしゃいます。
また、まず銀行口座を作られた方の場合、先に銀行印を購入され、その後徐々にそろえていかれる方も見受けられます。
いずれにしても、いつから揃えても問題はありません。
お子様の将来を見据え、親御様が一番良いと思われる印鑑を購入頂けたらよろしいかと存じます。
印鑑は欠けない限り、一生ものです。印鑑は段階的に何度も買い換えるものではございません。
※頻度にもよりますが、私は同じ印鑑を15年以上、毎日使用(押印)しています。
タイトルとURLをコピーしました