印鑑の偽造について

 

印相体は、書体は手作りであるために毎回違う文字に仕上がります。

そのために、一番偽造がしにくいはずです。

書体そのものは手作りであり、その作った書体通りに粗彫りをかけますので、機械を一部に入れたからといって偽造がしやすくなる心配はありません。

元の文字がパソコン文字でないからです。


もしこれが偽造されるようなら手彫りでも同じことです。
印影の表面のみをコピーする行為は同じですから、機械彫りか手彫りかによるものではありません。