占い師に運勢を見てもらい、画数が悪いから印鑑を買えばよくなる、と勧められるケースが増えています。

所謂悪徳商法の一部で恐怖感を煽っての販売です。
しかし印鑑はイコール姓名判断ではありません。
印鑑で実際の画数が変わるわけはないのです。
印相という別の方法で、悪いところを補う、新しいエネルギーの道筋を作るのが本当の開運印鑑なのです。