三碧木星(願望位)

スポンサーリンク
三碧木星

印相正位図(願望位の詳細)

三碧木星

  • 方位:東
  • 八卦:震位(雷)
  • 五行:木
  • 時 :初春、夜明け、朝
  • 色彩:青・碧

東は太陽が昇る方位。季節は春。
時刻は日の出で、これからの発展を示す希望運を示しています。

易では雷に象徴される「震」の卦があてられており、天地を震わせ万物の成長を促す強いエネルギーの発動を示すものです。

人生でいえば思春期に相当。この部位が吉相であれば、何事によらず進歩発展していく強力なエネルギーを得ることができます。
若々しいチャレンジ精神に燃え、素晴らしいアイディアがどんどん湧き出し、新しく何かを始めても成功・発展が期待できるでしょう。

大きな目標や是非とも叶えたい希望を持っている方は、この部分が吉であることは不可欠な条件です。

この部分が欠けていると・・

  • 活力の低下
  • 責任感がなくなる、落ち着きがなくなり早合点して失敗
  • 発想が硬直しアイディアが枯渇する
  • 行動力が伴わず、計画倒れになる
  • 周囲の騒ぎに巻き込まれる
  • 健康面:扁桃腺などの咽喉部分、肝臓、神経系統の病気、リウマチ、手足の病気・ケガ

●この部分の印鑑の欠けのほかに、朱肉の付きが悪く薄く写る場合、現在の運勢の弱さを現していると観ます。

その他、三碧木星の象意

吉のエネルギーを積極的に取り入れると、自分の中にあるプラスの面がどんどん引き出されてきます。
各九星にはそれぞれ違うエネルギーが働いています。

自分の本来持っているエネルギーとの相関もありますから、その現れ方は必ずしも一様ではありません。
ここが気学の面白さであり、奥深さです。

若々しいエネルギー、目的達成の活力

部下運、目的達成、人気の上昇、縁談・商談、後援者
雄弁、リーダーシップ、実績や才能や善行が認められる
新規ごとの進展、商売繁盛
地位向上、事業商売の発展、目上の引き立て、新しい後援者
恋愛・縁談、金融事情の好転
現状打破で発展、地位向上、独力で発展
発明・発見の栄誉、才能が認められる、活力の増加

三碧木星の性格と傾向 ※九星傾斜宮による

キーワード:雷・振動・音・活動・発明・発見・声あって形なし

  • 熱しやすく冷めやすい短期集中型。感受性が強く活動的で、新しいものに向かって突き進む姿勢は、目を見張るものがある。
  • 明るく陽気で愛情豊か。進んで人に親しむ親切な社交家で、義侠心もある。
  • 時には感情のままに激しやすい傾向があるが、さっぱりとした性格で後に尾を引かない。
  • 万事に積極的で、一ケ所にじっとしていられず、自分の思いのまま行動するので、反感を買ったり、口が災いして人間関係が上手く行かない事がある。
    体裁よく安請け合いをして、実行しない傾向も多々ある。
タイトルとURLをコピーしました