開運印鑑を職人の手仕上げで通販・作成

七赤金星(福寿位)

印相正位図(福寿位の詳細)

七赤金星

・方位:西
・八卦:兌位(沢)
・五行:金
・時 :秋、夕方
・色彩:白・赤

西は、潤いに溢れた沢を象徴する「兌」のエネルギーが働く方位で、季節でいえば収穫の秋。
実り豊かな人生を現し、現実生活における福寿すべてに関わりを持ちます。
福寿とはすなわち喜び事であり、この部分が充実していれば、交友の喜び、飲食の喜び、娯楽の喜び、金銭の喜び、男女間の喜び繁栄の喜びなど、笑顔に包まれた楽しい生活を送ることができます。
中でも、特にダイレクトに影響するのが、恋愛運と金運。
男女問わず、人生を心からエンジョイしたい方は、ぜひ福寿位を吉相にしたいものです。

この部分が欠けると・・

・金銭の浪費散財
・異性関係の乱れ
・口論が絶えない
・遊興に溺れ道を踏み外す
・健康面:呼吸器系統、歯、口内疾患、婦人科系統の病気

●この部分の印鑑の欠けのほかに、朱肉の付きが悪く薄く写る場合、現在の運勢の弱さを現していると観ます。

その他、七赤金星の象意

喜び

吉のエネルギーを積極的に取り入れると、自分の中にあるプラスの面がどんどん引き出されてきます。
各九星にはそれぞれ違うエネルギーが働いています。
自分の本来持っているエネルギーとの相関もありますから、その現れ方は必ずしも一様ではありません。
ここが気学の面白さであり、奥深さです。

恋愛・結婚、金運など、現実的な喜び。

金運、恋愛、縁談の喜び、酒色の喜び
不動産、金融、結婚、旧友の復活。地味な努力の評価
雄弁になる
信用獲得。芸術・芸能関係の評価

七赤金星の性格と傾向 ※九星傾斜宮による

キーワード:沢・少女・悦ぶ・酒食・遊興・口・金銭・浪費・疑惑・不十分

・勘が鋭く聡明で目先が利く。愛嬌があり社交性に富んでいるので、世渡り上手。
・弁が立ち、場面に応じて人を説き伏せる器用さをもっているが、内面は猜疑心が強く、それが表面に出るとトラブルの原因になる。
・自己顕示欲が強く、見栄っ張り。計画性がなく、また気が変わりやすいので、約束を実行しないなど言動はあてにならない場合が多い。
・中期集中型。外見を気にして何でも派手にやりたがるが、忍耐力に欠け、締めくくりが悪いところがある。金運はあるが散財もしやすい。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

開運印相聖徳印鑑

開運印相聖徳印鑑(商品一覧)

個人用3本セット   実印・銀行印・認印   法人用 開運印鑑   極上の開運朱肉   風水表札(戸建て用)   風水表札(マンション用)   表札の素材・書体・彫り   門札と表札の違い

開運印鑑について

正しい鑑定とは   印相における増画法とは   本物の印相学   運命 先天運と後天運   三宝印の底力   印相秘儀とは   印相体 見本   印相八方位   開運する印材   印鑑の選びかた   象牙の価値   象牙が出回った歴史的背景   大凶・悲運の水晶印   大凶・まさかのチタン他   凶相・あるある実例   選べる書体と旧字について   印影プレビュー   *よくあるご質問

∞ いつもいつもありがとうございます∞

・皆様のおかげで貧困地域カンボジア・孤児院などに、社会貢献として売上の一部を20年以上継続して寄付させていただいています。
年間数千人以上の尊い命が救われているのです。 些少ですがお役に立たせて頂き誇りに思っています。

・開運印相聖徳印鑑の鑑定士、印相士は、皆様の幸福を祈願し心を込めて作成いたしております。

開運祈願開運祈願

ヤフージャパンの印鑑カテゴリ登録店舗開運印相聖徳印鑑は Yahoo!Japanの印鑑カテゴリ登録店舗です。安心してお買い物ください。

PC トップページへ

staff blog

PAGETOP
Copyright © 開運印相聖徳印鑑 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.