本物の印相学と偽物の違い

本物の印相学とは

印相とは学問なり

印相とは学問の歴史である
森羅万象のすべてに『法則』があります。

印相は、印面に彫る書体と配置が最も重要なポイントであり、加えて印材や印体・サイズそのすべてが吉相でなければなりません。

印相学は、その吉相を究明していくものであり、後天運を好転させていける学問なのです。

素材の選択・鑑定・字入れは「開運印鑑の命」であり、当店では全ての工程にこだわっていますので、安心してお求めいただくことができます。

本物の印鑑で運命を変えよう
古くより「印章は持ち主の魂が宿るもの」と言われてきました。だからこそ人々は印鑑を大切にし、大事な書類には判を押す習慣が出来たのです。

印鑑はあなたそのものです。

使用していると自分の気が凝結するようになり、時間の経過とともに、魂が宿る<自分の分身>となります。それ故に、正しい印相で作成された開運印鑑に変えると、運勢は少しづつ動き始めるのです。

印相は後天の運を開く、神秘の数理作用

自然の摂理で印鑑を作る
姓名数理の霊導と九星気学の運気を補強し開運に導く印相学は、中国漢の時代より日本に伝来し、印相学として継承されたことが文献に記されています。

印相学は、先天運と後天運を観る運命学において「生まれ星・名前」のマイナス面を補うもの。
「印鑑の小さな丸に小宇宙がある」とされており、たとえよくない名前でも、先天運とあわせてその小宇宙内でどう開運させていくかが印相学になります。

運勢に強く働く開運印鑑は効果絶大

結婚運もアップする開運印鑑
印鑑ひとつで成功する人、失敗する人、ぐんぐん運勢がよくなっていく人がいるのはまぎれもない現象です。

開運効果の表れ方は人それぞれ個人差があります。

本来運気というものは少しづつ向上していくものですので、印相によって開運するにも、ある程度の期間は必要です。

しかしその一方で、開運印鑑の注文手続きをしただけで運の向きが一気に変わる人も大勢います。
何か不思議な現象や証し(あかし)を体験する人もいます。

同様に直ちに効果が出るとは申せませんが、本人の努力と想念で確実に効果が現れるのです。
理屈でない森羅万象の法則がどう働くかは、人知を超えた世界のものと言えます。

最大限の力を引き出すために

<正確な知識は成功のカギ>です。
獣の材・宝石印は人に合わず・・この世のすべてに自然界の法則が当てはまります。人の魂と同化する印鑑には、動物性素材は本来マッチするものではありません。

自分の「器」である印鑑を大吉にするには繊細なルールがあるため、印鑑屋選びには特に気を配るべきだと言えます。

● 象牙水牛印材について
象牙や水牛の印材の恐怖 ■象牙がいいと聞いて購入し長年使ったが、別段変わった気もしないという方が多くいらっしゃいます。象牙は元々発展の運気を備えておらず、運気の弱い時に持てば、更に運気が下降します。 また、白水牛(オランダ水...

どうせハンコはみな同じだろう

とりあえずの安易な気持ちで三文判を選べば、人から軽んじられる安いハンコのような人生が待っています。

パワーストーン・宝石などの大凶材の印鑑で、いつの間にかお金に苦労する人生になります。

・・実際に悪い材質の印鑑を使ってきた方々から、このようなお声を沢山伺っています。

不思議なことではなく、自分の大切な名前の入る印鑑には、それにふさわしい条件があり、これを正確に判別できる職人も残念ながらそう多くはいません。

せっかく作った印鑑が凶相印ではせっかくの運も発揮できません。

▼ 凶相印 水晶宝石の実態 
水晶・宝石印鑑は印鑑には不適合 ■見た目はきれいな「パワーストーン」の印材における悲劇■ チタン印鑑、大理石、水晶印・メノウ・ラピスなどの宝石印は、パワーストーンとして販売されていますが、物として持ち歩くのと印鑑として使うの...

巷に氾濫する開運印鑑の誤った情報

小さなハンコに人生に影響を与える不思議な力があります。

世の中には象牙・水晶・メノウ・ヒスイなどの宝石印鑑や黒水牛・白水牛、チタン等の印材を使用した実に様々な開運印鑑が販売されてます。

しかし、実はこれらは災いをもたらす凶相印であると、古より印相では教えているのです。

印鑑選びで変わるあなたの人生

「本物」を知れば偽物との判別が容易につくようになります。知らなければ一生知らないままです。

印鑑選びに限らず、本物を持つことが重要です。物が持つエネルギーは、自分に影響を与えるからです。

正しい開運印鑑を所持していたら、あなたはもっと恵まれた人生だったかもしれません。

▼ 凶相印 チタンの実態 
チタン・合成樹脂印 チタン製の印鑑は、水晶と同じくらいの悪影響があるようです。 会社印に使って相当追い込まれた方もいらっしゃいます。人は体を温めてこそ健康になれるもので、冷たい陰性の素材は、運勢を悪化させるのです。 安物の合成...

開運印鑑を持つ意義

契約書や公的な書類には正しい印章が必要
重要な契約書・不動産の売買・車の購入・会社の登記などの公的書類は、署名と捺印があって初めて成立します。人生の節目には必ず印鑑が必要になります。

我々日本人の意識には、印鑑がそれだけ重要なものであるという認識があり、長年の想念の集合体が強いエネルギー場を形成しています。これにより印の吉凶が運勢にも影響を及ぼすのです。

ところで時代はデジタル社会に移行し、押印を請求される場面も少なくはなりましたが、開運印鑑は持っていることに意義があります。

使う人が減るからこそ、開運印鑑の特権とエネルギーを独占できるのですから、持たない人よりも強力なツールを持ち得たことになり、その差は広がりつつあると言えます。

開運印鑑を持たない理由はどこにもありません。

普通のはんこを買えば、運勢は落ちるか良くてもトントンです。しかし正しい印相学で作成された本物の開運印鑑を持てば、運気は上がります。

あなたはどちらを取りますか?

タイトルとURLをコピーしました