▼ 凶相印 水晶宝石の実態 

スポンサーリンク
suisyo

水晶・宝石印鑑は印鑑には不適合

水晶印鑑は不幸の源

■見た目はきれいな「パワーストーン」の印材における悲劇■

チタン印鑑、大理石、水晶印・メノウ・ラピスなどの宝石印は、パワーストーンとして販売されていますが、物として持ち歩くのと印鑑として使うのとでは、意味合いに違いが出るので注意が必要です。

水晶などの冷たい陰性の素材は、印材として使用すると運勢が滞ります。そして印材に名前を彫ることで使用者の気に同化し、必ず大凶の現象として現われます。

どんなに良いものでも使い方を誤ると、マイナスな結果を引き起こすものです。例えば、電気は便利なエネルギーですが、直接触ればショック死もあり得ます。

酸素もなくてはならないものですが、物を酸化させます。薬も許容範囲を超えたり、合わなければ副作用が起きます。パワーストーンだからといって、完全にあらゆる場面において吉とは出ないのです。

水晶は印鑑にすると大凶と化す物質

病魔と破財の水晶印

◆水晶は良いエネルギーを呼び込むと同時に、邪気など悪いものも吸収する働きがあります。それゆえ印鑑には使用できないのです。また硬度の高い鉱物で、印材としては潤いに欠け、悲運を招くとして古より禁忌とされてきた印材です。

水晶はもともと美術工芸品的に「遊印・雅印」としてのみ用いられてきたのです。印相を知る者は、水晶・宝石などは個人の印鑑には絶対に使用しません。
まずはしっかりとしたご自分の印鑑を持つことが前提です。

水晶・宝石だから高級、「高級=良材」というイメージがありますが、宝石の類の鉱物は非常に堀リにくいものであり、
いかに技術が進歩しようとも、輪郭との接点も細工が困難で、吉相印の持つ優美さ・美しさは到底望めません。

印面が非常に欠け易いため不運を呼びやすく、あってはならない輪郭の欠けは、その部分に象徴される八方位の運気を悪化させます。
長く使用すれば、下半身の病気や、消化器系統の病気になると言われています。

水晶印鑑は病魔・破財の象意

また、なぜか必ず破財となり、ジリ貧や衰運となります。これは理論の問題だけでなく、結果論でもあるのです。

実際に使用すればお分かりになりますが、使えば使うほど運勢は停滞し、破財と病難の相が、自分だけでなく家族にまで現れるので始末におえません。

事業主は倒産に追い込まれる場合もあるほどです。

水晶印鑑にはご注意ください

■宝石類は、到底「開運印鑑」にはなりません。

【宝石類とは、水晶だけではなく、ルビー・メノウ・ヒスイ等全ての宝石類を意味します】

「漢」の昔より、印相学において「宝石」類は印材として認められていませんでした。

昨今の印鑑商法において、高額な値段で購入させるための印材として登場してきたにすぎません。印鑑としては最悪の部類です。

お持ちの方は、早急に処分されることをお勧めいたします。そして安全で幸運を引き寄せる真柘の印鑑への改印をオススメします。

凶印鑑・旧印鑑の処分方法

宝石印・鉱石類の印鑑は早急に処分されることをお勧めいたします。

古い印鑑の処分方法は、印相の秘伝により行います。印鑑購入された方に、発送時に説明書で添付いたします。
どうぞご安心ください。

タイトルとURLをコピーしました