▼ 凶相印鑑の実態 チタン

スポンサーリンク
チタン

チタン・合成樹脂印

冷たいチタンの印鑑。硬い素材の中に魂が閉じ込められます。

チタン製の印鑑は、水晶と同じくらいの悪影響があるようです。会社印に使って相当追い込まれた方もいらっしゃいます。人は体を温めてこそ健康になれるもので、冷たい陰性の素材は、運勢を悪化させるのです。

安物の合成樹脂は問題外

良材の基本は、「自然で純粋」です。
合成樹脂印は、人工材であり「死材」です。

食物の合成添加物が人間に悪影響を与えるがごとく、この印材が人間に幸運をもたらすことなどあり得ません。間違いなく衰運を呼び込みます。

意外と知られていない点は、磨耗も早く、大変もろく欠けやすい点です。まさに、安物買いの銭失いです。

最大の問題点は、後述する凶相をいくつも兼ねており、注意が必要です。

模様入り・指輪印・エグリ印

一見綺麗だが刺青と同じ

◆不慮の災害「模様入り印」
おもに合成樹脂を使用したものが多く、縁起物の鶴や、現在ではかわいらしいキャラクターを彫りこんでいるものもあります。

神聖である印鑑に、このような模様はいっさい不要です。
自分の体に刺繍をしたのと同様で、社会的な信用を失います。
思わぬ事故にまきこまれるなど、不慮の災害、健康運にも支障がでるなど、厄災の暗示があります。

◆金銭トラブル「指輪印」
別名借金判と呼ばれている、大凶印です。
ギャンブルや株で財産を失うなど、浮き沈みの激しい不安に満ちた生活を送ります。異性関係にも乱れが生じやすく、破滅の道をたどる暗示があります。

自分の分身である大切な印鑑を、装飾品同様に考えてはいけません。人としてもまったく信用がなくなります。

◆自然の生命力を損傷「エグリ印」
大切な契約書類に天地を逆に押印しないようにと、前が分かるようエグリを入れているもの、金属を埋め込んでいるものがあります。
印材は、自然の生気を尊ぶものです。

自分の分身に傷をつけていることになり、運命の流れを乱すことになります。
自分の名前の入った印鑑は、上下を確認し、印影にもムラが出ないようにゆっくりと丁寧に押印するのがよろしいのです。

彫り直し印

親の残した印鑑や、親戚の方等から譲り受けた、高額の象牙だからと、その欠けた印鑑を刻印し直して使用するのは非常に危険です。
彫り直し印は、間違いなく家運が傾き、自分の身さえ滅ぼしかねません。
子孫は没落します。

◆「印鑑は一代限り」が印相上の決まりごとです。
持ち主が死亡、あるいは欠けが生じたときは、印鑑としての生涯は終わったと認識して下さい。
そこに生じるマイナスエネルギーの力は、言葉に表現できないほどです。

◆自分の吉相印鑑に欠けや傷が生じた際には、己の身代わりとなって運気のマイナスを吸収してくれたとお考え下さい。

他人の印は言うに及ばず、自分の印鑑であろうと、彫り直し印は絶対に使用してはいけません。

継ぎ合わせ印

市販の既製品に、握り部分が黒水牛で、印面が象牙という組み合わせの印鑑が見受けられます。

組み合わせに使用される象牙は廃物(クズ材と呼ばれる)利用であり、儲け主義の商魂が作り上げたものに過ぎません。

◆印面を中核として一本そのものをひとつの小宇宙として考えます。
「黒水牛+象牙」という異質の組み合わせはすでに「宇宙」ではなくなっており、
合わせたものですから遂には離れることになり、次第に運命のリズムが狂い、自然に「中途半端」という運命を背負うのです。

凶印鑑・旧印鑑の処分方法

宝石印・鉱石類の印鑑は早急に処分されることをお勧めいたします。

古い印鑑の処分方法は、印相の秘伝により行います。
印鑑購入された方に、発送時に説明書で添付いたします。
どうぞご安心ください。

タイトルとURLをコピーしました