極上の「練り朱肉」のご紹介

極上朱肉

印影は、濃く浮かびあがるような印影が大吉です。

薄い印影は、運気を下げるといわれています。

一般の速乾性朱肉は徐々に乾燥し、定期的な詰め替えインクの補充が必要ですが、極上朱肉は練りのためインクの補充の必要がなく、長く何年も使用できます。

総合的に考慮してもお得です。

印鑑ケース内の小さな朱肉についてのご質問

以前にこんなご質問がありました。

・印鑑ケース内に付いている(小さな蓋の中の)朱肉は、人間でたとえるなら自分の血液にあたるから、使わない方がいいと聞いたのですが、、?

つまり、ケース内の朱肉を使用することにより、自分の血も汚れるというのです。

 

このような解釈はまったくのでたらめです。

 

印鑑ケース内の朱肉と自分の血液が同じとは、いったいどのような結びつきでしょうか。

 

医学的にもあり得ないことであります。

もっともらしく、このようなバカげたことを言い、人を惑わすお店には注意が必要です。

印鑑ケース内の朱肉のご使用は、確かに当社でもお勧めはしておりません。

しかし、それは血液云々の問題ではないく、質が悪いからです。

朱肉に限らず、良いものには良い波動があります。

大切なご自身の印鑑に使用する朱肉も、できるだけ良いものを使う方が運気もよくなるのです。