∞言葉のチカラ∞

「感謝の気持ちを忘れなければ、運は来る」

最年少で一億円プレーヤーとなっても、
決して傲慢にならない、石川遼くんの謙虚さはすばらしいですね。
いつもお世話になっているご両親や周りの方々への感謝の言葉も、とても自然です。

「ありがとう」 
「感謝します」
「ツイている」

これは、石川遼くんの尊敬する先生(森本先生)が、授業中に繰り返し話した「魔法の言葉」だそうです。

クラスの全員の心にも深く刻まれ、体育祭でも大縄跳び校内大会で新記録を出したり、
クラス全員が第一志望の高校に合格できたりと、効果が現れていたそうです。

もちろん、その前には魔法の言葉を唱えたとか。

感謝の言葉を唱えると、過度の緊張を解きほぐす力も出るらしいのです。
言葉に出すことにより、何事にもありがたい気持ちで満たされ、本来の自分の持っている力を最大限に引き出すのかもしれません。

自然な笑顔も出てくるというから、不思議です。

しかし、何事も、自分の潜在能力が十分に発揮されるためには、日頃の努力があってこそです。
日頃の努力による深い自信と、感謝の思いから出る笑顔が緊張を解き集中力を高め、
持てる最大限の力を発揮させたのでしょう。

この前、ある実験をしました。
コップに水をいれて2つ用意します。

そのひとつに「ありがとう(サンキューでもよい)」と書いた付箋を、
コップに貼り付けて数分間ほど置いておきました。
※白い紙に「ありがとう」と書いて、その上に水のコップを置いても同じです。

そして、その後飲み比べますと、・・水の味がまろやかに繊細に変わっていたのです!
※味の違いの感じ方には個人差があります。叔母は分からないと申していました。
3人に1人は分からないといいます。

煮物や料理の保存のパックにも貼り付け、一晩置いていたら、
こちらは明らかに深い味に変化した(と感じました)ようです。

・・ ウソか気のせいか、どうぞお試しください。