∞ 中途半端のススメ?

トランペッターを夢見て、単身アメリカに渡ったが
あまりの実力の違いに劣等感を感じ諦めて帰ってきた、
という知り合いがいました。

ある人は、プロゴルファーになりたかったが、
世間にはすごい人がたくさんいる、やっぱりとてもやっていけそうにないと、
己のレベルを知り、それ以来ゴルフも止めてしまったとのこと。

それで、その後なにをしているのかというと、特に何をするわけでもないのです。

— 止める理由を探しただけなのか、・・または完璧主義者なのかも知れません。

こうなると中途で終わってしまった自分、後ろめたい気持ちを引きずるのです。
その記憶が、なにもやり遂げることができない、自信のない自分を作ります。

中途半端で終わったのではない、途中で止めたのではなく、いまは休憩しているのだ。
自分はそれが好きだから、いつかまた始めるつもりだと思うのです。

人と比べる必要などありません。
上には上がいます。下もあります。

あれもこれもやりたいと、どれもこれもトライして、
ついに自分が楽しめ続ける仕事や趣味が見つかった人もいます。
いろいろ経験して、それも人生経験で彩りです。

もうこれで満足という「道」はなく、そもそも始めから完璧な物も、人もいない。
どのような名人・達人こそ、自分ではまだまだと思って努力しているのです。

部屋が汚いけど、すべてキレイにできないから掃除ができない。
これに似た心理かも知れません。

完璧にしようとしてなかなかできずに悩むより
7割キレイならまあいいとして、無理をしない。

途中でやめない中途半端こそが、素晴らしいと思うのです。

プロを目指すから、こんなではプロになれないとストレスが溜まる。
ずぶの素人から多少でも離れて、少々プロっぽくなればいいのです。

そのうち、人がお金を出しても見に行きたい、仕事を頼みたいと思ってもらえば、
もうプロです。

才能のある人はたくさんいます。
ライバル心から、1番になりたい・なれないから断念するより、
自分は好きでやっている、自己向上のためにやっていると、

一生懸命にやることに意義があるのですから、
仕事も趣味も楽しんでやる人生観があれば、

結果がどのようであろうと人よりも何倍も頑張りがきいて、
努力が実っていくものだと思うのです。