願いが叶う言葉①

スポンサーリンク
スタッフブログ 開運について
開運印相聖徳印鑑

結婚するために

3年前に結婚して、それからとっても幸せそうな女性がいらっしゃいました。
ほんとうに幸せそうですね~というと、こう返されました。

『そうなんです。だって紙に書いていましたから』

・・神に願うでなく・・紙に書く ・・?

『開運にはまず印鑑と聞いたので(本当)、印鑑を買って、
それからどんな人と結婚したいかを細かく書いて、朝夕に唱えていました。』
ということでした。

コピー用紙などの白い紙に、箇条書きにいろいろいろいろと、
背は自分より高い人とか、もちろん独身とか・・
たくさん書いたものを毎日2度読み上げるうちに、内容も淘汰されていったとか。

そして、ななんと、
その後 一年以内にほぼ書いた通りの人と出会い、結婚したのだそうです。

行動ありき

もちろん、寝て待っていたのではなく、
『結婚したいから誰か紹介してー!』

と、まめに人に頼むことも忘れず、

そしておしゃれをして、積極的に出会いの場に出かけたそうです。
(もちろん、男性の大好物?のスカートやワンピースを履いて)

友人たちからは、あまりに理想的な人との結婚に、なぜ出会ったのかを聞かれまくり、
教えてあげたそうです。
するとその方の周りではすでに(5人くらい)その方式でめでたく結婚しているそうです。
いまは、6人目に書き方を指導中と話されていました(笑)

・・結婚できない人を見ると、なんで結婚できないんだろう、

という世界になっているのだとか。

人によっては、出会いから結婚までかかる年数も違うとか、、当然個人差があるようです。

(o('∇'*)o 素直な心と、あきらめない心と、実行力はスバラシイ。

タイトルとURLをコピーしました